社員証を知る

社員証は、会社員にとって重要な存在となっています。
オフィスのドアロックを解除する鍵の役割を担っており、会社の外に出れば身分証明書の意味合いも持つため、常に携帯している従業員も多くなっています。
会社によっては、オフィス内では社員証を付けることを義務付けているところがあります。
しかしながら、ランチなどで社外に出る場合も付けたままでいることはリスクが高いと考えられています。
今回は、その件についてご説明します。

社員証を付けたままのランチが危ない理由とは?

社員証を付けたままのランチが危ない理由とは? オフィスの中で社員証を見えるところに付けることを求めている会社が増えており、セキュリティ面などから従業員とそれ以外の人たちを確認する上で有効であると考えられています。
しかしながら、ランチなどで外出する際に社員証を付けていると、個人情報が丸見えになっていることになり、氏名と写真、会社名などが第三者から分かる形になってしまいます。
氏名と会社名が分かれば、職場の電子メールアドレスを予想することができ、迷惑メールなどが送信されてくるリスクがあります。
そのため、ランチなどで外出する際には、社員証を付けないように指導する企業もあり、いろいろなセキュリティ面で、外す方が望ましいと考える人が多くなっています。

社員証を付けたまま社外に出る意味はある?

社員証を付けたまま社外に出る意味はある? 社員証を付けたまま社外に出るシーンは、社会的にも知名度のある大手企業であれば一定の効果をもたらす可能性があります。
例えば地域の電力会社やガス会社であれば、検針作業を行う上では民家などの建物に赴くケースがありますが、ネクストラップに社員証を入れて置けば不審者と間違われなく済む可能性があります。
もし不審者だと疑われても、それを提示することで正当な業務で作業を行っていると証明することが可能です。
また訪問営業や人と接する仕事を行う場合には、その人が企業の社員であることを証明するためのものとして活用することも可能となります。
実際にお客さんの元でそれを提示してから、会話するという流れで活用していたりします。
従って場合によっては、それを付けたまま社外に出る意味もあります。
ただ多くの場合、そのビルから出る時に入出管理のため社員証を用いているケースが多いため、忘れないためにも付けたまま外に出るケースも多いです。
その場合はほとんど別に付ける必要性がないにも関わらず付けて外に出るのは、無くさない様にするためで、対外的な使用で社員であることの証明を意識されることは少ないかもしれません。
特に大手企業のビルの周辺の飲食店やコンビニなどでは、社員証を付けたまま社外に出ている人も多く、第三者から見てもそのビルに入っている企業の社員の方だと理解される場合は多いです。

社員証関連オススメサイト

会社に合わせた社員証を低コストで作成。

社員証を作る

新着情報

◎2017/10/3

社員証で人気のデザイン
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

社員証を下げてランチ
の情報を更新しました。

◎2017/7/5

サイトを公開しました

「社員証 セキュリティ」
に関連するツイート
Twitter